アロマセラピストであり、妻であり、二児の母の独り言


by sesline
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

銀の壁♪

何気ない一日の夕方・・・
突然ケーキを焼きたくなりました。

家族が大変な時、何が出来るかな・・・?
「頑張れ・・・」って、何時も想ってはいるけれど・・・
何を喜んでくれるかな・・・?どんな事が嬉しいかな・・・?って、相手を想う時間って
自分にとっても優しい時間になります。

何時ものお買い物に、ケーキの材料を買いました。
ガトーショコラに挑戦!
ところが・・・小麦粉の在庫が無かった・・・
夕飯の準備を済ませて、近くのスーパーに走ろうとすると・・・
「ママ~、あたしも行くからね~」と3歳のお姉ちゃんが準備を始めていた・・・。

あれれ~、一人でダッシュで往復するはずだったんだけどね・・・
しかも、一人で準備を終えた、彼女を結果的にまたせてしまって
その間ずっと「ママ~銀の壁がキレイ~」と玄関で、叫んでいます。

「???」

寒い中を、彼女をおんぶして、スーパーへ向かうために玄関を出ると
街頭に照らされた壁を指差して「ほら、銀の壁だよ!キレイでしょ~」
「キレイだね~」と答えると・・・
「ほら、あっちもあっちも銀の壁!こんなにキラキラして、最高だね~♪」っと
ワクワクする姿に、小麦粉が無かった事がとってもラッキーに思えました。

一見、不運な出来事だって、気持ち次第で、素敵な出来事にできる♪
そんな、生き方って素敵だね。

ちなみに、我が家のおトイレの芳香浴に使う精油はオレンジが多いのだが、これもお姉ちゃんに言わせると・・・
「ママ~、今日のおトイレ、ミカン味だね♪」とワックワク!なのです。

オレンジの精油は、気持ちを明るく高揚させてくれる効能があるけれど
我が家では、こんな風に[精油の効能+ちびっ子エネルギー]の効能に助けられています。

子供の世界、視線を合わせると・・・素敵なトキメキの仲間に入れてもらえるね・・・
[PR]
by sesline | 2007-01-30 06:12 | Comments(0)
幼い頃、保育ママや親戚の方にお世話になる事が多かった事もあって
物心付いた頃には既に、頭の中には「どうしたら、相手に良く思ってもらえるか・・・?」という思考がありました。

その生き癖は、大人になってからも持ち続けて・・・。
自分の心を抑えて、相手の想いを尊重するのが思いやりだと思っていました。
でも、それは本当の思いやりではないという事を、教えていただいて・・・体験して・・・。
それは、全て自信のなさから来ていた事を痛感しています。

自信・・・読んで字のごとく・・・自分を信じる・・・。
自分を信じることは、全ての信じる・・・に繋がっているから・・・
今、自分の為にも、お相手の為にも、自分の気持ちに正直でありたいと願っています。

周りの方の良いところから学ばせていただく事は大切な事ですし、人との関係が自分の意識の転換をさせてくれたり、成長させていただいたりして、今日まで過ごしてきました。
そこには、感謝しか残りません。
でも、自分の気持ちを無視して過ごした出来事には、気持ち悪さが残って、それに相手がいたとしたら、そのエネルギーは確実に相手にも伝わっているのでしょう・・・

顔で笑って、心も笑える生き方をして行きたいと願う、今日この頃・・・
[PR]
by sesline | 2007-01-28 08:35 | Comments(0)

バロメーター

今日は、ゼラニウムの芳香浴をしたい気分でした。

いろんな毎日があるけれど、忙しく終わっていく一日で、バランスを崩しつつある気配を感じたときは、ゼラニウムの香りが嗅ぎたくなります。
そのときによって、ブレンドにラベンダーを使ったり、セージを使ったり・・・
どちらも大好きなブレンドです。

忙しくしている時、自分では中々気がつけなかったりします。
気持ちだけ焦って、中身が付いてこない行動も多くなる・・・

そんな時ほど、足を止めて深呼吸のゆとりを求めて、ソファーに腰を下ろして、お茶を飲んだりします。
そんな風に取る休憩では・・・
焦っているときは見えないものが見つかったり、重要だと思っていたことが
実は、それほど重要でない事にきがついたり、苦笑いする事が多いです

自分では気がつけないときは・・・
我が家の場合は、家族が小さなメッセージをくれます。
3歳のお姉ちゃんが、一人で遊ぶ事を嫌がったり・・・
お兄ちゃんが妹に投げかける言葉がキツクなったり・・・そんな時は、要注意なのです。

かつては・・・「もう少し、優しくお話してよ~」って、コントロールしようとしたけれど
そんな事を伝えなくても、優しい言葉が使えるときと、そうでない時があって・・・
子供達の会話を聞いていると、まさに私の言葉尻にそっくりなのでした・・・

子育って、ダイレクトですね。
子供に照準があっている時は、子育って、頭を抱えてしまいがちだけど
基準が自分に合っている時・・・彼らの送ってくれるメッセージを有難く受け止められているとき、子育てって、「有難う・・・」の一言です。

彼らの言葉、行動、視線・・・ストレートに向けとめられている時は
私が、生きやすく生きられているときです。

子育て・・・親育て・・・ね。
[PR]
by sesline | 2007-01-26 05:51 | Comments(0)

ラッキーポジション!

自分の子供は、自分の身体の分身のようで・・・
ついつい、余計な手出しや口出しをしてしまいがちです。
特に口も利けない幼少の頃は、何から何まで気になっていました。
特に、お兄ちゃんは・・・
おとなしくて、公園ですべり台に並んでも、何時までたっても、一番後ろに並んでいるような子でしたから、親の視点からすると「可愛そう・・・」でなりませんでした。
横は入りをするお子さんには、随分と念を送ってしまいましたし、それを見ていてくれない親御さんにも、同じように念を送ってしまいました。
アロマに出会わせていただいて、親のエネルギーが子供に与える景況の大きさを学ばせていただいて、視点を変えて子供を見守る努力をしました、(子供の事は自分の事より、むきになっていたもので・・・未熟・・・)
そうしたら、控えめな行動をする彼の素晴らしさも見えてくるようになりました。

お兄ちゃんは、本当に手の掛からない子で「危ないからやめなさい」とか、何か物事のやり方を教えた記憶は殆どありません。
私が念を持っていた、滑り台も・・・気がついたら、とても上手に安全に使えていました。
彼の視点・・・何時も一番後ろに並んでいたのは、悲しい事ではなかったね。
一番後ろで、誰よりも見ていたから、いろんなお友達が失敗してくれる事や、楽しい遊び方を一番後ろで誰よりも見ていたから、彼はいたい思いも、苦労もせずに楽しむ事が出来たのだと思います。
彼は、私が可愛そうだと思っていたポジションを好んでいたのかもしれません・・・
つまり「ラッキーポジション!」に居たのかもしれません・・・

今でも、彼は物事を見ているのが好きです。
今、熱中している野球も、プロ野球選手の好プレーを見ながら、まねをしながら成長する姿・・・変わっていないです。
自分の物差しで、子供を計ってはいけないという事を教えていただけて本当に良かったと思っています。
しなやかに生きる生き方を教えてくれていたのにね・・・
見下ろしているときは見えないもの・・・見つめていける生き方をしたい・・・
[PR]
by sesline | 2007-01-19 08:47 | Comments(0)

今、というタイミング

私がアロマに出会わせて頂いた時、子供は、まだ1才半でした

それまで・・・
良い物を与えたかった・・・良い母として接して居たかった私は
「これ!」と認めるものだけを、子供の目の前に提供する事に必死で
視野は、どんどん狭くなっている事に気がつきませんでした

自分はさて置きの必死な子育て・・・
子供が可愛いのは、親ならば皆一緒ですが
私のベースになっていたのは、母へのマイナスでした

母にしてもらえなかったことをしてあげたかった・・・
母の行動や言動に傷ついた事があるならば、同じ事はしたくなかった・・・
だから、必死で良かれと思う母を演じていました
自分の価値観と少しでも違う人や物は徹底的に排除の姿勢でした

気がついた時・・・子供は笑わない赤ちゃんでした
アトピーの辛さがあったとしも・・・私の顔を見て笑うことは決してありませんでした
(父親には満点の笑顔をみせましたよ)
そして、自分もとてもとても辛くなっていました・・・

マイナスのエネルギーからは、決してプラスは生まれない・・・

アロマに出会って、子供が何故、私に笑顔を向ける事がなかったのか?
やっと、やっと気がつきました
確かに、目に見える部分と耳に聞こえる部分は、良い物を与えていたのだと思います
でも、子供の視線は、もっと深いところまで届いていて・・・
偽善母を無理に演じる私の苦しみは、彼には解っていたのだと思います
苦しい顔で笑う母をみて、その瞳は何を想っていたのでしょう・・・

「ママ、笑って・・・」今更ながら、そんな声が響いて来ます

アロマのお勉強を通じて癒された心・・・
そこにたどり着く為の、きっかけを作ってくれた子供に、本当に感謝です

子供が小さいから・・・そんな想いで諦めていた私の背中を押してくれたのは
子供で・・・それまでの、コダワリを脱ぎ捨てて飛び込んだタイミングは
沢山の協力者が居てくれて・・・素直に聞けたお話から全てが始まりました
とてもとても必要で、私たち家族にベストなタイミングだったと思っています
今、というタイミング・・・あの時のように、大切に生きたいと願っています
[PR]
by sesline | 2007-01-17 16:09 | Comments(0)

天使のはしご

f0122998_14165413.jpg

冬は特に夕日を見るのが大好きです
家の窓の向きの関係で、太陽の動きが、とても美しく見えます

こんなに素敵な「天使のはしご」が見えました

「天使のはしご」を初めて見たときの事を、とても良く憶えています

当時通っていた小学校のグラウンドで「天使のはしご」を見つけたとき
「あ~・・・神様が降りてくるかも・・・」って、はしゃいでいたのも憶えています

天使のはしごから、神様が降りてくる事はなかったけれど・・・
その優しい光が届けてくれるエネルギーに包まれるとき
とても優しい気持ちになります

そして、この空の向こうの、大切な人を想います

この素敵な空の向こうで、同じ想いを抱いてくれている大切な人にも
今日が、素敵な日でありますように・・・
悲しみの涙をながす大切な人には、そのお顔が、笑顔に変わりますように・・・
[PR]
by sesline | 2007-01-15 16:28 | Comments(0)

ダイエット!

新年会へ参加させて頂くために、余裕を持って子供達と前泊をしたホテルで
普段は、じっくりテレビを見ることの少ない私がテレビの前で真剣に
ある番組を見ていました

内容は・・・
「納豆ダイエット」がテーマです・・・

「人間は、年齢と共にさまざまな代謝が悪くなっていき
スタイルや健康状態に影響が出てくるのは
体内のDHEAというホルモンの分泌が悪くなるから・・・」というような説明があり

「そのDHEAを活性化させることで
代謝がよくなる・・・=ダイエットや中性脂肪等に効果がある・・・」という内容

聞けば聞くほど、テレビにのめり込む、私・・・

そして、そのDHEAを活性化させる成分「イソフラボン」を多量に含む
納豆を朝夕摂取する事で、老化と共に不足しがちな、体内のDHEAを常に一定に保ち
代謝を良くする結果、ダイエット効果があったり、さまざまな数値が良くなるという
実験をしていたのだ

お兄ちゃんまでもが「ママの為に・・・」と釘ずけになって見入ってくれた

帰ったら、是非チャレンジしてみよう!と、ワクワクして、スーパーに向かうと・・・

納豆、売り切れ!(納豆売り場が狭いわけではない)
スーパーからは「某番組の影響で納豆の生産が追いつきません・・・」と
謝罪文が貼られていて・・・苦笑いしてしまいました
やはり、皆が同じ事を考えていたみたい・・・

夜、私の「納豆ダイエット」を気にかけてくれた、お兄ちゃんが様子を聞いてくれました
兄:「ママ、納豆ダイエットやってる?」
私:「納豆が、うってないのよ・・・これこれしかじか・・・」
兄:「ママ~納豆がないなんて、どうするの~?」
私:「いいの、いいの、ママには精油があるから・・・?・・・!!!」

あまりにもテレビに影響されて、自分がアロマセラピストである事を忘れてしまった愚かさに
気がついたときは・・・「精油があるんだよ~!」って一人で笑ってしまいました

痩身効果のある精油には、随分助けていただいてきたのに
全く、感謝がたりません・・・

あれから、一週間・・・
ダイエットにはチャレンジしていません

でも、ちょっと気になっていた部分は確実に痩せています

なぜ?
それは・・・新年会で、大笑いして・・・、翌日の研修会で癒されて・・・
それを、そのまま家に持ち帰えらせていただいて、精油の優しい~香りの中での、幸せ~な、楽しい~、ラブラブ~な日々のお陰だと思っています

笑うこと、幸せな事、喜びを抱くこと・・・これは、「納豆パワー」より強い効果があるんですよね♪

沢山の笑いと愛をプレゼントしてくださった、新年会と研修会に、感謝・感謝な今日この頃・・・
[PR]
by sesline | 2007-01-13 09:21 | Comments(0)

それって、褒め言葉?

先日、子供の友達が、とても広いお家に、お引越しをしました
そのお宅に、いち早く遊びに行った別の友人が
興奮冷めやらぬ状態で、息子に言うのです

A君:「○○のうちは、やばいくらい広いぞ!」
私:「???」(伝えたい事は解るので、笑ってしまいました)

去年、某テレビ局の歌番組の月の歌に
「それって褒め言葉?」という歌があって、何故かお気に入りで
子供達と一緒に、毎日見ていました

その歌の歌詞は・・・
新入社員とカラオケに行って、歌を歌ったおじ様が新入社員に
「課長、なにげに、歌うまいんですね」と言われて
意味が解らずに戸惑った・・・という内容と

娘さんを、高いおすし屋に連れて行ったときに
娘さんの感想が「パパ、普通に美味しいよ♪」と言われて
意味が解らなくて、聞き返した・・・というような、おじ様たちの戸惑いが歌われた内容で

曲の感じも面白かった事から、1ヶ月楽しませてもらいました

これらの言葉は
・「なにげに」=なかなか
・「普通に」=わりと
                      という意味なのです

「なにげに」は、私も子供達と日常的に使っていました
「ふつうに」は、使い方がいまだに良くわかりません
年をとったといえば、それまでですが・・・
軽いノリで子供達に話すとき意外は、使っていない事に気がつきました

正しい日本語は、使いこなせていないのが現状ですが
言葉って、それぞれ大切な響きがあるように感じますし
美しい母国語を、美しく使えるようになりたいなあ・・・と思います
なにより、想いのこもった言葉を使えるようになりたい・・・と思う、今日この頃です
[PR]
by sesline | 2007-01-11 06:05 | Comments(0)

涙の新年会

9日の新年会から始まって、浜松を2回ほど往復させていただきました

いたって真面目なアロマの団体に所属させ頂いて居るのですが
新年会は、年に1度の無礼講行事です
先生方の、シットリした朗読や、ピアノ演奏にうっとり・・・も素晴らしいのですが

普段は、おしとやかな先生や生徒さんが繰り広げてくださるパフォーマンスに
お腹がよじれるほどに笑わせていただいた一時でした

今年も、私の師匠である先生が生徒さん達を引き連れてパフォーマンスに
たってくださいまして、そのお姿は・・・なかなかの変装振りとダンス♪
沢山の笑いが飛び交う中・・・私は涙が止まらなくて・・・(今も思い出して泣いている・・・)
本当に素敵なエネルギーに包まれていました

こうして、ずっとずっと先生の愛に包まれて来ました
師なくしては、今の私は存在しません
いえ、出会ってくださった方の誰一人が欠けても
今は存在しません
優しくしてくれた方も、酷い事を言わせてしまった方も・・・先生・・・

「先生への感謝を忘れなければ、決して傲慢になる事はありません...」
これは、アロマのデイプロマを頂いたときに、代表の先生から頂いた言葉です
その言葉の持つ意味が、年々深いものになります

頂いたものは、年々深まるばかりです

キャパが小さくて、頂いたものの内の、ほんの一かけらも受け取らせていただけなかった
愛のともし火は、消えることなく燃え続けてくれます
気がつくまで、燃え続けてくれる灯火・・・まだまだ沢山存在してくれています
こんな優しい灯火に照らされて歩んでいる事を、抱きしめて歩んで生きたい・・・

これまで出会ってくれた方と、これから出会ってくれる方・・・
頂く、沢山の灯火を大切に進んで生きたいと思います

愛と笑いのエネルギーに包まれた二日間
新たな決意と共に、新たな2007年が始まりました♪
[PR]
by sesline | 2007-01-10 10:19 | Comments(0)

両手を広げて

明日は、アロマの新年会です

今日から、子供達と浜松へ向かいます

新年会に参加させて頂くようになって、何年が過ぎたでしょうか?
この1年は、どんなだったでしょうか?
年末に引き続いて、振り返らせていただく機会を頂きます

人間って、プライドの下に生きるとき、とても弱い生き物なのだと・・・
身をもって、体験してきました
プライド・・・それぞれの大きさがあるのだと思います

どんなに小さいプライドでも・・・
その下に居るときは、その理想から外れた自分が見え始めたときに
必死に守りのポジションに立ってしまって、進めなくなる・・・

良い意味のプライドを抱きしめて進むとき、それは人を何処までも成長させる
反対に何かを守るがごとく持つプライドの下には、それ以上の成長は閉ざされる
それを、身をもって感じられるようになりました

アロマに出会って、私の先生とった方や仲間は
皆、良い意味のプライドを抱きしめて、進まれています
そこには、括弧たる信念と自信があるけれど、しがみつく事は絶対にしない・・・
このしなやかさが、上限のない幸せに真っ直ぐに進む大事な事ですね

自分で積み上げた積み木が傾き始めたとき
必死で、倒さないように、力尽きるまで抑えてきました
両手・両足は、それを支えるために、自由が利かなくなります
次の流れが来ていても、それに手を伸ばす事すら出来なくなる・・・

日々、贈られる沢山のプレゼントを両手を広げて受け取って生きたい・・・
そんな風に思います
[PR]
by sesline | 2007-01-07 07:04 | Comments(0)